テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
日本統治下の朝鮮
山辺健太郎著
-- 岩波書店 , 1971 , vi, 223, 4p. -- (岩波新書 ; 青版 776,D-129)
ISBN : 新<9784004131298> , 旧<4004131294>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
日本の朝鮮統治は、朝鮮を開発し多くの遺産を残したといわれている。果してそうだったか。本書は、前著『日韓併合小史』に引き続いて、朝鮮における三十六年間の典型的に展開された日本の植民地統治の実態を、豊富な資料に基づいて描き出す。歴代総督の治政の実際、朝鮮を舞台とする日本資本の活動と朝鮮人民の独立運動の動き、そして日本の“大陸侵攻作戦”の鍵としての朝鮮の役割など、非常に多くの事実がここではじめて明らかにされた。
1 朝鮮総督府
2 朝鮮の社会状態
3 三・一運動と民族独立運動の発展
4 斎藤総督の文化政治
5 労働者農民の運動
6 「満州事変」と朝鮮
7 大陸兵站基地
8 太平洋戦争下の朝鮮
9 朝鮮統治の総決算
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP