テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
憲法第九条
小林直樹著
-- 岩波書店 , 1982 , xi, 224p. -- (岩波新書 ; 黄版 196)
ISBN : 新<9784004201960> , 旧<4004201969>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
「陸海空軍その他の戦力は,これを保持しない」.惨憺たる戦争体験の後に生まれた平和憲法,その中核たる非武装規定は,戦後の軍事力強化の波に翻弄され続けてきた.だが,そこに凝縮された思想こそ,今日,世界に向かって鮮やかな光を放っている.第九条誕生の背景と空洞化の跡をたどり,新しい平和保障の構想を具体的に提起する.
第一章 地球時代における平和憲法(人類の当面する危機と課題;根本発想の転換の必要;憲法九条を支えるグローバルな客観的条件)
第二章 憲法九条の誕生とその背景(憲法第二章の成立;第九条の発案者と推進力;平和憲法誕生の歴史的意味)
第三章 憲法九条の意味の解し方(九条解釈論争?とくに自衛権論をめぐって;公定解釈の変化と「戦力」の意味論;非武装規定の現実的意義)
第四章 空洞化する非武装規定(再軍備の始動と進展;軍事国家への道;第九条をめぐる政治と裁判)
第五章 平和憲法を歪めるもの(憲法と日米安保条約;「安保」をめぐる政治的力関係;国内における軍事推進力;自衛隊とその存在性格)
第六章 国民世論の推移と憲法(第九条をめぐる国民の意識;憲法九条の「変遷」と規範力;自衛隊の法的地位の考察)
第七章 現代国防論の欠陥と虚妄(「自主=防衛」論の矛盾と虚偽性;狭い閉鎖的思考の危険;体制防衛のパラドックス)
第八章 平和のための積極的構想(軍縮=平和のための運動と教育;安全保障の制度的諸方式;非武装防衛の方法;非暴力抵抗の問題点)
結び?憲法九条を生かす途
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP