テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
ペスト大流行 : ヨーロッパ中世の崩壊
村上陽一郎著
-- 岩波書店 , 1983 , iv, 192, 4p. -- (岩波新書 ; 黄版 225)
ISBN : 新<9784004202257> , 旧<4004202256>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
十四世紀中葉、黒死病とよばれたペストの大流行によって、ヨーロッパでは三千万近くの人びとが死に、中世封建社会は根底からゆり動かされることになった。記録に残された古代いらいのペスト禍をたどり、ペスト流行のおそるべき実態、人心の動揺とそれが生み出すパニック、また病因をめぐる神学上・医学上の論争を克明に描く。
序 ペストの顔
一 古代世界とペスト
二 ヨーロッパ世界の形成とペスト
三 黒死病来る
四 恐怖のヨーロッパ
五 さまざまな病因論
六 犠牲者の数
七 黒死病の残したもの
八 黒死病以後
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP