テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
日本人の愛と性
暉峻康隆著
-- 岩波書店 , 1989 , iv, 241p. -- (岩波新書 ; 新赤版 92)
ISBN : 新<9784004300922> , 旧<4004300924>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
尽きることのない永遠のテーマ—愛と性。
万葉の時代から現代まで実に多彩な愛が文学として残されているが、その愛の形は社会の制度や倫理とも深く関わっている。
本書は日本の婚姻の変遷をたどりながら、さまざまな文学に描かれた恋慕や嫉妬、浮気や姦通など、面白くも哀しい愛と性の姿を軽妙な語り口で伝える。
古代前期の愛と性
古代後期の愛と性
封建時代前期(中世)の愛と性
封建時代後期(近世)の愛と性
半封建時代の愛と性
現代の愛と性
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP