テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
原発はなぜ危険か : 元設計技師の証言
田中三彦著
-- 岩波書店 , 1990 , vi, 194p. -- (岩波新書 ; 新赤版 102)
ISBN : 新<9784004301028> , 旧<4004301025>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
チェルノブイリの事故が世界に大きな衝撃を与えたにもかかわらず、日本の原発政策には何の変化も見られない。
日本の原発ははたして安全なのだろうか。
原発の心臓部である圧力容器の設計に携わった著者が、自ら体験した製造中の重大事故を紹介し、現在運転中の原発の問題点をえぐり出すとともに、脱原発のための条件を探る。
第1部 ゆがみ矯正事件(どうゆがみ、どう矯正されたか;「6.28シンポジウム」の周辺)
第2部 “運転中の原発”の安全性(理論的構築物の予盾;原発の老朽化1—圧力容器の中性子照射脆化;原発の老朽化2—理論主義の危険)
第3部 原発に象徴されるもの
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP