テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
ギリシア人の教育 : 教養とはなにか
廣川洋一著
-- 岩波書店 , 1990 , iii, 195, 11p. -- (岩波新書 ; 新赤版 110)
ISBN : 新<9784004301103> , 旧<4004301106>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
ギリシア人にとって教育の目的とは、一人一人が教養を身につけることであった。
それは専門知識の集積ではなく、市民としてよりよく生きるための知恵の獲得を意味した。
プラトンやイソクラテスなどの考えを辿り、教養の意味を探る本書は、教育の荒廃・大学の危機が叫ばれる今日、真の意味での教育を考える上で大きな示唆を与えてくれる。
1 人間教育としての一般教養(一般教養とは何か;一般教養の成立;一般教養の内実;教養・教育の力について)
2 プラトンの教養理念(無知の無知に向って;不調和としての無知に向って;調和と理知)
3 イソクラテスの教養理念(教育者イソクラテス;思慮とよき言論としての徳;普遍的視野と徳性)
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP