テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
ソフトウェアの話
黒川利明著
-- 岩波書店 , 1992 , xi, 239p. -- (岩波新書 ; 新赤版 242)
ISBN : 新<9784004302421> , 旧<4004302420>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
コンピュータはハードウェアとソフトウェアからなるが、後者の占める比重はますます大きくなっている。
ソフトウェアとはいったい何なのか。
どのように作られ、どう使われるのか。
知的財産権をいかに考えるのか。
プログラム開発の最前線で活躍してきた著者が、多彩な話題を取り上げソフトウェアの世界に案内し、文化との関わりを考える。
1 ソフトウェアとは何か(コンピュータについて;プログラム内蔵方式計算機;プログラム=データ;プログラミング言語)
2 どのように作られ、使われるか(ソフトウェアの分類;プログラマ;どのように作るか;どのように使うか)
3 試練の中のソフトウェア(権利保護を考える;ソフトウェアのハード化)
4 ソフトウェアと人間の文化(気楽なプログラミング;文化的ソフトウェア)
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP