テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
地球環境問題とは何か
米本昌平著
-- 岩波書店 , 1994 , ii, 262, 3p. -- (岩波新書 ; 新赤版 331)
ISBN : 新<9784004303312> , 旧<4004303311>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
「地球サミット」から二年。
このときから地球の温暖化は国際政治の最重要課題となった。
科学研究や南北の政治力学などが絡み合ったこの難問をどのように考えたらよいのか。
NGOメンバーとしてサミットに参加した科学史家が、地球環境問題の構造を原点にまで立ち戻って解きほぐし、国際社会における日本の貢献のありかたを提示する。
「地球サミット」から二年。
このときから地球の温暖化は国際政治の最重要課題となった。
科学研究や南北の政治力学などが絡み合ったこの難問をどのように考えたらよいのか。
NGOメンバーとしてサミットに参加した科学史家が、地球環境問題の構造を原点にまで立ち戻って解きほぐし、国際社会における日本の貢献のありかたを提示する。
序章 地球環境問題とはどういう種類の問題か
第1章 地球温暖化の科学論—ハンセン論文の衝撃
第2章 東西冷戦の終焉と環境安全保障
第3章 IPCC報告と各国の温暖化対策
第4章 国連気候変動枠組み条約の成立とその意味
第5章 地球サミット—その意味とその後
第6章 戦後世界体制の洗い直しと地球環境問題
第7章 欧州の体験—環境外交の誕生
第8章 日本の課題と進むべき道
序章 地球環境問題とはどういう種類の問題か
第1章 地球温暖化の科学論—ハンセン論文の衝撃
第2章 東西冷戦の終焉と環境安全保障
第3章 IPCC報告と各国の温暖化対策
第4章 国連気候変動枠組み条約の成立とその意味
第5章 地球サミット—その意味とその後
第6章 戦後世界体制の洗い直しと地球環境問題
第7章 欧州の体験—環境外交の誕生
第8章 日本の課題と進むべき道
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP