テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
鄧小平の遺産 : 離心・流動の中国
田畑光永著
-- 岩波書店 , 1995 , ix, 255p. -- (岩波新書 ; 新赤版 376)
ISBN : 新<9784004303763> , 旧<4004303761>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
発火する経済。
地方政府の暴走。
都市に向かう民衆の奔流。
現在の混乱は、改革・開放路線の必然なのか。
一九七八年以来一六年間の「総設計師」鄧小平。
その「思想」の何が、どのような現実を中国にもたらしたのか。
「鄧以後」をめぐり、種々の憶測が飛びかうなか、北京特派員・香港支局長の経験に基づき、中国の〈いま〉を報告し、明日をよむ。
第1章 鄧小平の「社会主義」
第2章 後退する政治改革
第3章 「南巡講話」と開発区の暴走
第4章 鄧小平路線と腐敗
第5章 農村における離心・流動
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP