テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
政治・行政の考え方
松下圭一著
-- 岩波書店 , 1998 , iv, 218p. -- (岩波新書 ; 新赤版 552)
ISBN : 新<9784004305521> , 旧<4004305527>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
行政が劣化し、財政が破綻する事態にいたって、政治・行政改革はますます急務となった。
日本国憲法が明治憲法的に運用されてきたという著者は、国会改革をとおして省庁と内閣を切り離し、官僚内閣制から国会内閣制へ移行させるべきだとする。
都市型社会の成熟が要請する分権化・国際化に対応できる『政治・行政の考え方』とは何か。
1 日本国憲法の50年
2 官僚内閣制から国会内閣制へ
3 国会オンブズマンの制度設計
4 市民立法の発想と法務
5 公共政策づくりにとりくむ
6 政治学では何が問題なのか
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP