テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
日本の経済格差 : 所得と資産から考える
橘木俊詔著
-- 岩波書店 , 1998 , vi, 212p. -- (岩波新書 ; 新赤版 590)
ISBN : 新<9784004305903> , 旧<400430590X>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
バブル期に土地・株式が急騰したこと、低成長に入って所得が上昇しないこと、などから「一億総中流」に象徴される社会の平等・安定意識は揺らいでいる。
時代の推移のなかで、そして国際比較の上で、格差の拡大を統計データによって詳細に検証し、その経済的メカニズムを明らかにしながら、税制や、教育・企業システムなどの課題を示す。
バブル期に土地・株式が急騰したこと、低成長に入って所得が上昇しないこと、などから「一億総中流」に象徴される社会の平等・安定意識は揺らいでいる。
時代の推移のなかで、そして国際比較の上で、格差の拡大を統計データによって詳細に検証し、その経済的メカニズムを明らかにしながら、税制や、教育・企業システムなどの課題を示す。
第1章 平等神話は続いているか
第2章 戦後の日本経済社会の軌跡—分配問題を通して
第3章 不平等化の要因を所得の構成要素からみる
第4章 資産分配の不平等化と遺産
第5章 不平等は拡大していくのか—制度改革
第1章 平等神話は続いているか(「一億総中流」意識の虚実—国際比較のなかの日本;バブル経済は何をもたらしたか ほか)
第2章 戦後の日本経済社会の軌跡—分配問題を通して(戦前の不平等と戦後の諸改革の効果;高度成長期からバブル期へ ほか)
第3章 不平等化の要因を所得の構成要素からみる(統計データと実感の差;所得の構成要素から何がいえるか ほか)
第4章 資産分配の不平等化と遺産(二つの資産—実物資産と金融資産;持ち家志向、安全金融資産志向と貯蓄率の意味 ほか)
第5章 不平等は拡大していくのか—制度改革(階層(職業)、教育(学歴)、結婚
浸透する実力主義と意識の変化 ほか)
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP