テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
イノベーションと日本経済
後藤晃著
-- 岩波書店 , 2000 , vi, 182p. -- (岩波新書 ; 新赤版 684)
ISBN : 新<9784004306849> , 旧<4004306841>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
低迷する経済のブレークスルーはあるのか?
技術大国・日本にとって、長期的視点ではイノベーションの促進が最重要課題である。
その萌芽はいま、確かに存在している。
20世紀を牽引してきた製造業の特徴を生かしながら、21世紀のリーディング産業は何かを見すえた、より効率的な新しいイノベーションシステムを提案する。
1 日本経済の持続的成長はあるのか
2 イノベーションとは何か
3 日本の産業発展とイノベーション—第二次大戦まで(産業構造の変化;教育システムの構築;技術導入と研究開発)
4 戦後の産業発展とイノベーション(復興策から高度成長へ;活発な技術導入と設備投資;政府の介入;強い競争力を獲得)
5 アメリカのイノベーションシステム(八○年代までのシステム;四つの特徴)
6 日本のイノベーションシステムをどう変えていくか(1)—企業と産業の役割(研究開発の国際比較;企業のマネジメントと産業組織)
7 日本のイノベーションシステムをどう変えていくか(2)—政府と大学の役割(技術政策;大学の役割と産業連携)
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP