テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
神、この人間的なもの : 宗教をめぐる精神科医の対話
なだいなだ著
-- 岩波書店 , 2002 , xiii, 218p. -- (岩波新書 ; 新赤版 806)
ISBN : 新<9784004308065> , 旧<4004308062>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
大学時代の友人で精神科医となった二人が「人生を生きてきた末」に、かつて交わした議論を再開する。
神は本当にいるのか?
現代を新しい形の宗教に呪縛された時代と見ながら、教義や信仰のあり方からではなく、「信じる」ことを求めてしまう人間の方から、宗教とは何かを考えていく。
精神医療から社会、歴史まで問いを重ねる対話篇。
序章 Tの訪問
第1章 信者にもいろいろある
第2章 教義より重要なのは
第3章 宗教は集団精神療法だったか
第4章 二千年の後退り?
第5章 後退りの結果
第6章 狂いによって狂いを治す
第7章 精神医療という宗教
第8章 宗教は死なず拡散した
第9章 葦の髄から永遠をのぞく—狂気と習慣
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP