テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
働きすぎの時代
森岡孝二著
-- 岩波書店, 2005.8 , v, 216, 27p. -- (岩波新書 ; 新赤版 963)
ISBN : 新<9784004309635> , 旧<4004309638>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
いたるところから働きすぎの悲鳴が上がっている.労働時間が1日10時間を超えるほどに長ければ,疲労とストレスがたまり,最悪の場合は死に至ることになる.本書では,グローバリゼーション,情報技術,消費社会,規制緩和などに着目して今日の過重労働の原因に迫る.まっとうな働き方ができる社会を作っていくために,いま何が必要なのか.
序章 働きすぎの悲鳴が聞こえる
第1章 世界に広がる働きすぎ—グローバル資本主義の逆流—
第2章 家庭も出先も職場になった—情報資本主義の衝撃—
第3章 消費が変える雇用と労働—消費資本主義の罠—
第4章 労働の規制緩和と二極分化—フリーター資本主義の大波—
第5章 労働基準とライフスタイル
終章 働きすぎにブレーキをかける
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP