テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
歴史のなかの天皇
吉田孝著
-- 岩波書店, 2006.1 , iii, 248, 5p. -- (岩波新書 ; 新赤版 987)
ISBN : 新<9784004309871> , 旧<4004309875>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
「天皇」という語が初めて使われたのはいつか。
「女帝」はどのような背景のもとに登場したのか。
「王統」はどのように受け継がれてきたのか。
練達の日本古代史研究者が、東アジア世界との関係を視野にいれつつ、卑弥呼の時代から現代までを通観し、「天皇」の歴史をたどる。
この列島の王権のありかたを考えるための基本書として最適。
序章 天皇は「王」ではない
1 倭王の時代
2 「王」から「天子・天皇・皇帝」へ
3 唐風の王権への模索と底流
4 東アジアの大変動と古典的な国制・文化
5 武家の台頭とモンゴルの襲来
6 近世の天子と将軍
終章 近代天皇制の諸問題
おわりに 国際的交通と天皇制
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP