テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
格差社会 : 何が問題なのか
橘木俊詔著
-- 岩波書店, 2006.9, vii, 212p. -- (岩波新書 ; 新赤版 1033)
ISBN : 新<9784004310334> , 旧<4004310334>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
低所得労働者の増大、新しい貧困層の出現、奪われる機会の平等…。
教育や雇用などあらゆる場で格差が拡大するなか、いま日本社会に何が起きているのか。
格差問題の第一人者である著者が、様々な統計データによって、格差の現状を詳細に検証し、不平等化が進行する日本社会のゆくえを問う。
格差論の決定版。
第1章 格差の現状を検証する(所得から見る格差の現状;日本の不平等を国際比較する ほか)
第2章 「平等神話」崩壊の要因を探る(長期不況と失業の増大;雇用に広がる格差 ほか)
第3章 格差が進行する中で—いま何が起きているのか(新しい貧困層の様相;低所得労働者が意味するもの ほか)
第4章 格差社会のゆくえを考える(格差拡大を容認しても大丈夫なのか;貧困者の増大がもたらす矛盾 ほか)
第5章 格差社会への処方箋—「非福祉国家」からの脱却(競争と公平の両立;雇用格差を是正する ほか)
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP