テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
少子社会日本 : もうひとつの格差のゆくえ
山田昌弘著
-- 岩波書店, 2007.4, iii, 232p. -- (岩波新書 ; 新赤版 1070)
ISBN : 新<9784004310709> , 旧<4004310709>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
少子化のスピードが加速している。
この三〇年で出生数は半減、未婚率は急上昇し、日本は人口減少時代に突入した。
なぜここまで深刻化したのか。
その決定的な理由を探るために、若者の不安定な職業状況、様々な格差の拡大、パラサイト・シングル現象の進行、恋愛・結婚観の変容などを分析。
とるべき少子化対策は何かを考える。
序章 少子社会日本の幕開け
第1章 日本の少子化は、いま
第2章 家族の理想と現実
第3章 少子化の原因を探るにあたって
第4章 生活期待と収入の見通し
第5章 少子化はなぜ始まったのか—一九七五〜九五年
第6章 少子化はなぜ深刻化したのか—一九九五年〜
第7章 恋愛結婚の消長
第8章 少子化対策は可能か
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP