テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
火山噴火 : 予知と減災を考える
鎌田浩毅著
-- 岩波書店, 2007.9, viii, 225, 3p, 図版 [1]枚. -- (岩波新書 ; 新赤版 1094)
ISBN : 新<9784004310945> , 旧<4004310946>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
日本列島には108の活火山があり、思いがけない時に噴火しては人間社会を騒がせる。噴火を科学の力(噴火予知)でやり過ご
し、災害を減らす知恵が「減災」である。一方、噴火の後には、長い期間にわたって火山の恵みを享受することができる。火山の
恩恵と魅力を伝えつつ、自然に対する畏敬の念を悠揚とした視点で書き綴る。
第1章 火山噴火とはどんな現象か
第2章 噴火のタイプとその特徴
第3章 噴火は予知できるか
第4章 噴火が始まったらどうするか
第5章 火山とともに生きる
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP