テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
子どもが育つ条件 : 家族心理学から考える
柏木惠子著
-- 岩波書店, 2008.7, vii, 228p. -- (岩波新書 ; 新赤版 1142)
ISBN : 新<9784004311423> , 旧<400431142X>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
自己肯定感の低下、コミュニケーション不全の高まりなど、子どもの「育ち」をめぐって、様々な"異変"が起きている。
一方、子育てのストレスから、虐待や育児放棄に走る親も目立つ。
こうした問題の要因を、家族関係の変化や、親と子の心理の変化に注目して読み解き、親と子ども双方が育ちあえる社会の有り様を考える。
第1章 育児不安の心理(日本に顕著な育児不安—「母の手で」規範の陰に;「子育てだけ」が招く社会的孤立;父親の育児不在という問題)
第2章 「先回り育児」の加速がもたらすもの—少子化時代の子どもの「育ち」(変わる子どもの価値—子どもを「つくる」時代の親の心理;「少子良育戦略」と子どもの「育ち」;「よい子の反乱」が意味するもの—顕在化する親子の葛藤)
第3章 子育て、親子を取巻く家族の変化(「便利さ」は家族をどう変えたのか;変貌する結婚と家族;高まる家族内ケアの重要性)
第4章 子どもが育つ条件とは—"人間の発達"の原則からみる("人間の発達"の原則と子育て;「子育て支援」から「子育ち支援」へ;子育てを社会化する意義)
第5章 子どもも育つ、親も育つ—"生涯発達"の視点(子どもの育ちと親の育ち;急がれるワーク・ライフ・バランスの確立)
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP