テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
政治の精神
佐々木毅著
-- 岩波書店, 2009.6, ix, 238p. -- (岩波新書 ; 新赤版 1189)
ISBN : 新<9784004311898> , 旧<4004311896>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
複合的な危機のなか、政治が融解している。
問題の核心は何か。
政治を支える精神的な素地をどこに求めたらよいのか。
マキアヴェッリやトクヴィル、ウェーバー、丸山真男らの思索を手がかりに、政治という営みの本質について、原点に立ち返って吟味。
政治家のみならず、政治を取り囲む人々の精神、さらには政党政治の条件について考察する。
第1章 政治を考える視点(丸山真男、一九四九年の問いかけ—政治的統合をめぐって;政治的統合の基本構造;主体の複数性と政治的統合の手続き;政治的統合のメカニズム;政治権力の「魔性」)
第2章 政治をする精神(政治家と権力;政治家と魂の「大きさ」;政治家と権力感情、そして堕落;政治家と判断力、そしてスキル;政治家と責任問題)
第3章 政治に関与する精神(丸山真男の問題提起—政治的な思考法とは;政治参加の意味と無意味をめぐって;競争と選択のモデル;「正しく理解された自己利益」からの出発)
終章 政党政治の精神—日本政治のための覚書(政党政治はもつのか;政党政治の独特な構造;政治主導、政治家主導、首相主導;自民党システムの歴史性;政党改革の一つのツールとしてのマニフェスト)
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP