テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
イワシと気候変動 : 漁業の未来を考える
川崎健著
-- 岩波書店, 2009.6, ii, 198, 13p, 図版2p. -- (岩波新書 ; 新赤版 1192)
ISBN : 新<9784004311928> , 旧<4004311926>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
大漁・不漁を左右する海の魚の数は、地球の大気や海と連動して数十年スケールで変動していた—この「レジーム・シフト」を著書は一九八三年、世界で初めて見いだした。
九〇年代以降、世界的に大きく進展した研究成果を踏まえ、これからの海と海洋生物資源の持続的利用のあり方に明確な方向性を示す。
新しい地球環境観への誘い。
序章 海と漁業で何が起こっているのか
第1章 イワシが消えた
第2章 プランクトンからマグロまで—海洋生態系の大変動
第3章 海は気候を記憶する
第4章 地球はひとつのシステム
第5章 分断された海で—国連海洋法条約と漁業
第6章 日本の漁業はいま
終章 海から、持続可能性を考える—温暖化とレジーム・シフト
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP