テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
清水次郎長 : 幕末維新と博徒の世界
高橋敏著
-- 岩波書店, 2010.1, v, 237p. -- (岩波新書 ; 新赤版 1229)
ISBN : 新<9784004312291> , 旧<4004312299>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
「海道一の親分」を謳われた清水次郎長を措いて幕末維新のアウトローを語るに他はない。
本書は歴史学の手法を駆使して、血で血を洗う並み居る強敵たちとの死闘を勝ち抜き、時代の風を読んでしぶとく生き残った稀代の博徒の実像に迫る。
巷間知られる美談仁侠の虚像からは異質な無頼の武闘派のしたたかな生き様が浮かび上がってくる。
第1章 博徒清水次郎長の誕生(清水港の次郎長;三河の次郎長)
第2章 清水一家の親分次郎長(嘉永游侠列伝;次郎長激動の三年;次郎長一家の形成)
第3章 清水次郎長と黒駒勝蔵(黒駒勝蔵との対決の構図;黒駒勝蔵との血戦;尊皇倒幕の黒駒勝蔵と左幕の清水次郎長)
第4章 明治維新の明暗(戊辰戦争と博徒の命運;清水次郎長と黒駒勝蔵の明暗)
第5章 大侠清水次郎長(維新の揺れ戻し;山岡鉄舟との邂逅と次郎長の「改心」;博徒大刈り込みと次郎長)
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP