テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
「分かち合い」の経済学
神野直彦著
-- 岩波書店, 2010.4, xi, 202p. -- (岩波新書 ; 新赤版 1239)
ISBN : 新<9784004312390> , 旧<4004312396>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
深刻な経済危機が世界を覆っている。不況にあえぐ日本でも失業者が増大し、貧困や格差は広がるばかり。この「危機の時代」を克服するには、他者の「痛み」を社会全体で分かち合う、新しい経済システムの構築が急務だ。日本の産業構造や社会保障のあり方を検証し、誰もが人間らしく働き、生活できる社会を具体的に提案する。
第1章 なぜ、いま「分かち合い」なのか
第2章 「危機の時代」が意味すること―歴史の教訓に学ぶ
第3章 失われる人間らしい暮らし―格差・貧困に苦悩する日本
第4章 「分かち合い」という発想―新しい社会をどう構想するか
第5章 いま財政の使命を問う 
第6章 人間として、人間のために働くこと
第7章 新しき「分かち合い」の時代へ―知識社会へ向けて
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP