テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
教育委員会 : 何が問題か
新藤宗幸著
-- 岩波書店, 2013.11 , 230p. -- (岩波新書 ; 新赤版 1455)
ISBN : 新<9784004314554> , 旧<4004314550>
 
関連書籍を探す
出版元へリンクする
いじめや体罰事件、教科書採択、日の丸・君が代問題…。学校運営をめぐり、頻繁に登場する「教育委員会」とは、いったいどんな組織なのか。学校や保護者とどのような関係にあるのか。また、自治体の首長から教育委員会廃止論が出てくるのはなぜか。見えにくい組織の仕組み、歴史、問題点の全容を解き明かし、抜本的な解決策を示す。
第1章 いま、なぜ、教育委員会が問われるのか(いじめ問題と教育委員会;教育現場との乖離;「教育委員会廃止論」の台頭;「首長vs教育委員会」なのか);
第2章 教育委員会とは、どんな組織か(教育委員会の役割とは;教育委員はどのように任命されるか;エリート教員が支配する教育委員会事務局;学校と教育委員会のあいだ―教員評価システムから教科書採択まで);
第3章 教育委員会制度は、なぜ誕生したか(戦後改革と教育の民主化;文部省「生き残り」の謎;「教育統制」のスタート;廃止された教育委員会法―地方教育行政法案の争点);
第4章 タテの行政系列のなかの教育委員会(確立されるタテの行政システム;タテの行政系列をささえる人びと;教育行政をささえる論理は、妥当だろうか;荒廃しゆく教育―文科省と首長の二重支配);
第5章 教育を市民の手に取り戻すのは可能か―地方分権と民衆統制への道(市民の手による教育の基礎条件;教育における「政治的中立性」とはなにか;タテの行政系列を廃止する;教育委員会に代わるシステムへ)
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP