テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
比較のなかの改憲論 : 日本国憲法の位置
辻村みよ子著
-- 岩波書店, 2014.01 , 229p. -- (岩波新書 ; 新赤版 1466)
ISBN : 新<9784004314660> , 旧<4004314666>
 
関連書籍を探す
出版元へリンクする
二〇一三年、首相の口から改憲要件緩和までが声高に叫ばれ再燃した改憲論議。なかでも重要な論点―改憲手続、憲法擁護義務、押し付け憲法論、国民の義務と自由、個人と家族、非武装平和主義、国民投票の功罪―を比較憲法の視点から丁寧に検討し、自民党改憲草案の危険性と今後の議論の在り方、日本国憲法の現代的意味を再確認する。
序章 比較憲法から改憲を考える;
第1章 改憲手続を比較する;
第2章 「改正の限界」と憲法尊重擁護義務―九九条の意味;
第3章 「押し付け」論再考―「自主憲法」とは何か;
第4章 「国民は個人として尊重される」―人権規定を比較する;
第5章 戦争放棄と「現実論」―平和的生存権と各国の平和条項;
第6章 国民投票は万能か―国民主権原理;
終章 「政治の論理」と憲法改正のゆくえ
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP