テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
世論調査とは何だろうか
岩本 裕著
-- 岩波書店, 2015.5 , 234p. -- (岩波新書 ; 新赤版 1546)
ISBN : 新<9784004315469> , 旧<4004315468>
 
関連書籍を探す
出版元へリンクする
世論調査の数字は不思議だ。同じような質問なのに、結果はしばしば各社各様。どの数字が信頼できるのか?本書は、そんな疑問に答えながら、世論調査の仕組みと働きについて考える。結果次第で内閣の運命も左右する世論調査。国民の意思や意見のありかを伝え、権力を監視する強力な手段としての重要性を説く。
序章 世論はなぜ重要なのか
第1章 世論調査は民主主義の礎(国民の意見はどこに
GHQが後押しした科学的調査 ほか)
第2章 選挙が世論調査を発展させた(当確の打ち間違いが進歩を生んだ
選挙家結果を“当てる”ために ほか)
第3章 政治を動かす世論調査(支持率は内閣の生命線?
RDD調査はどこまで信用できるのか ほか)
第4章 調査を読み解く(なぜ各社で調査結果が違うのか
質問の言い回しと順番で回答は変わる? ほか)
第5章 調査結果に惑わされないために(誤差と有意差
見せかけにご用心 ほか)
終章 世論調査という“武器”を持ち続けるために(輿論をはかる
世論を伝えていくために)
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP