テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
美術館へ行こう
草薙奈津子著
-- 岩波書店, 2013.3, 206p. -- (岩波ジュニア新書 ; 736)
ISBN : 新<9784005007370> , 旧<4005007376>
 
関連書籍を探す
出版元へリンクする
魅力的な展覧会や誰もが楽しめるワークショップは、どうつくられているの? 美術館の表の仕事から舞台裏、さらには美術館の楽しみ方までを、現役の学芸員でもある著者が、豊富な写真を交えて丁寧に解説します。人と美しい作品たちとの出会いを橋渡しする美術館の魅力に惹かれ、足繁く通いたくなる一冊です。そのお供にも。
はじめに
序章 美術館へ行こう
美しいものと出会う/一〇代のための美術館活用法/学校の宿題のため展覧会に行く場合/初めてデートするのに,雰囲気が良さそうだから/教養を高める/たくさんの作品に出会おう!/美術館の楽しみ方,親しみ方はいろいろ/美術館でのマナー
1章 展覧会をつくるプロセス
誰もが楽しめる展覧会/鑑賞教育の場,そして社会教育の場でもある/展覧会あれこれ―所蔵品展/1+1を2以上にするために/展覧会あれこれ―企画展/企画展「二十歳の原点展」/企画展「伊東深水―時代の目撃者展」/企画からカタログ制作,展示まで,「とにかく自分で動く」が原則/作品の集荷/作品の展示作業/キャプションの字にもこだわる

2章 美術館でつながる
ワークショップも大きな仕事/ある試み―ムービング・デッサン/ワークショップをのぞいてみる/遊んでのびのび,元気にのびのび/みんなでつくろう! どろだんご/ぺったん,ぺったん消しゴムはんこ/缶バッジづくりのボランティア/伝統紙細工にチャレンジ/持ちつ持たれつの彫刻教室/美術館と学校をつなぐプログラム

3章 美術館の仕事―舞台裏編
紙面版バックヤードツアーで美術館の裏側を体感!!/ミュージアムホール/市民アートギャラリー/アトリエA・B・C/学芸員の仕事をのぞく/一に体力,二に愛嬌,三,四が無くて五に知力/ワークショップ担当の学芸員/作家の育成といってはおこがましいのですが・・・/展覧会などの広報/作品の購入とコレクションの充実/作品のメンテナンス/展示と保存―矛盾する使命/欧米の学芸員/管理方の重要性/サポータズクラブ=平塚市美術館湘南フレンズ倶楽部/協力し合う美術館/「見る楽しみ」をどうつくるか
終章 くらしのなかにある美術館を目指して
  美術館の歴史/美術鑑賞とは/公立美術館の役割と使命/障がい者も健常者も共に楽しめる美術館を目指して/広がる・つながる・楽しくなる/最後に―レストラン
おわりに
作家紹介
平塚市美術館へのご案内
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP