テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
古墳の語る古代史
白石太一郎著
-- 岩波書店 , 2000 , v, 279p. -- (岩波現代文庫 ; 学術 ; 33)
ISBN : 新<9784006000332> , 旧<4006000332>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
年代研究の著しい進展により、古くは卑弥呼の時代にまで遡ることがわかった巨大な古墳。
それらはなぜ造られ、どのような変遷を経て消えていったのか。
また、畿内、九州、東国など各地の古墳やその出土物から、どのような被葬者像や死生観がわかるのか。
物言わぬ古墳と遺物をつぶさに見るとき、歴史の雄大な語りが聞こえてくる。
考古学が明らかにした最新の古代史像。
1 古墳のつくられた時代(古墳はなぜつくられたか;古墳からみたヤマト政権;古墳時代の文化史)
2 古墳の語る古代史(古墳と邪馬台国;卑弥呼の墓と古墳;ホケノ山古墳の積石木槨;東日本における政治的世界の形成;前方後円墳の起源 ほか)
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP