テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
倒産はこわくない
奥村宏著
-- 岩波書店 , 2002 , 174p. -- (岩波アクティブ新書 ; 4)
ISBN : 新<9784007000041> , 旧<4007000042>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
創業100年、従業員7600人の山一証券倒産は、未曾有の大倒産時代の幕開けとなった。いまや倒産を恐れて会社を守るだけでは生き残れない。本書はこれまでの倒産事例をさまざまな角度から検討し、日本の会社のあり方を根本的に変える企業改革、会社革命の必要を訴える。経営者、会社員、労働組合関係者必読の倒産読本。
第一章 二度の倒産—山一證券(会社が消えてなくなる;一度目の倒産 一九六五年;立ち直ったあと;構造を変えなかった証券行政;二度目の倒産;教訓)
第二章 これまでの倒産(バブル経済以前;バブル崩壊以後;財界整理の思想;倒産と系列化;系列化の矛盾;外資に売る)
第三章 銀行の責任(生かすも殺すも銀行しだい;メインバンクが支える;メインバンクとは何か;崩れるメインバンク・システム;銀行が危ない;銀行の貸し手責任)
第四章 会社が倒産するというのはどういうことか(国家の倒産、個人の倒産;消えてなくなる会社;会社の再組織;株主にとっての倒産の意味;経営者にとっての倒産;従業員にとっての倒産)
第五章 会社を買い取る(会社を乗っ取る方法;従業員が会社を買い取る;倒産会社を買い取る;労働組合による自主管理企業;自主管理の思想;従業員持株制度)
第六章 労働組合が生き返る道(企業別組合と企業一家主義;石油危機と会社本位主義;企業別組合の再生のために;グラムシの工場評議会;どういう事業をするのか;中央観光バス労働組合の場合;労働者の経営参加)
第七章 会社を変える思想(会社<法人>は実在するか;会社を実体としてとらえる;会社を機能としてとらえる;実体と機能;二一世紀の企業)
第八章 倒産を超えて—会社革命への道(これからの倒産;倒産は会社革命の出発点;大企業を分割せよ;合併、統合の失敗;会社革命の思想;大企業信仰;真の構造改革とは)
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP