テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
合気道とラグビーを貫くもの : 次世代の身体論
内田樹 ; 平尾剛著
-- 朝日新聞社, 2007.9.30, 230p. -- (朝日新書)
ISBN : 新<9784022731647> , 旧<4022731648>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
合気道の達人・内田樹と、ラグビー元日本代表・平尾剛が、がっぷり四つに組んだ。
まったく違うスポーツ経験を持つふたりが、四方八方に話題を展開し、意気投合したのは、「身体コミュニケーション」。
第1章身体とコミュニケーション(7つの海を統治するためのラグビー教育
イチローの背面キャッチとスキャン力
柳沢ブーイングの持つ意味ほか)
第2章身体と師匠(実績のある師匠が選手をゆがめる
指示せず、混乱させる
最高のパフォーマンスは、何も考えないお気楽プレーほか)
第3章身体と感受性(物が二重に見えて引退決意
腕折っても、そのままプレー続行の意味
人間のサバイバルに反逆するペインコントロールほか)
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP