テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
ゴッホは殺されたのか : 伝説の情報操作
小林利延著
-- 朝日新聞社, 2008.2.28, 239p. -- (朝日新書)
ISBN : 新<9784022731944> , 旧<402273194X>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
「さまよえる画家」、「炎の人」、ゴッホ。
さまざまな伝説をもつ彼に浮上した、新たな姿とは?
彼を支えてきた弟テオとの関係や女性問題を、唯一純正な資料『ゴッホの手紙』を基に、斬新な角度から読み解く。
そこから浮かび上がるどんでん返しの結末とは…。
この一冊で、従来のゴッホ伝説が根底から覆る。
プロローグ 聖ヴィンセント・ヴァン・ゴッホの伝説
読む前に見る読みながら見るゴッホ年表
第1章 事件—一八九〇年七月二七日
第2章 事件前三七年—画商の道断たれ 牧師の道遠く
第3章 事件前一〇年—描く男捨てる女
第4章 事件前五年—パリ 兄と弟の諍いそして印象派
第5章 事件前二年—アルルの希望と裏切り
第6章 事件前七〇日—オーヴェール=シュル=オワーズの謎
第7章 事件の検証—ゴッホ伝説の情報操作
エピローグ 美術史は推理小説だ
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP