テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
日本人の「死」はどこにいったのか
山折哲雄著 : 島田裕巳著
-- 朝日新聞出版, 2008.6, 253p. -- (朝日新書 ; 115)
ISBN : 新<9784022732156> , 旧<4022732156>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
生き残りを図る欧米のサバイバル戦略に対する共に死ぬという無常戦略。
日本の文化が育んできた死生観、無常観を見つめなおすことで、明日を生きる道が開けてくる。
序章 人はなぜ死ななければならないのか(五山の送り火で心して御魂をお送りしたい;時代を超えて働きかける共鳴装置としての自然 ほか)
第1章 魂が行くところ(落日の彼方に浄土あり;親鸞の浄土観は海上浄土観 ほか)
第2章 日本人の「死」(殺すなというメッセージ;個と組織のどちらを選ぶか ほか)
第3章 死ぬ覚悟と無常観(すべてを貫く生き残りという戦略;生き残り戦略に対する無常戦略 ほか)
第4章 浄土はあるのか(浄土はあるのかないのか;浄土信仰にある西方と十万億土 ほか)
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP