テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
詩と死をむすぶもの : 詩人と医師の往復書簡
谷川俊太郎, 徳永進著
-- 朝日新聞出版, 2008.10, viii, 230p. -- (朝日新書 ; 137)
ISBN : 新<9784022732378> , 旧<4022732377>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
看取る人、逝く人。
死を目前にした人は、何を思い訴えるのか—。
「命のエンディング」までの様々な臨床エピソードを、ホスピス医療に携わる医師が手紙に託し、詩人が詩と散文で応える。
二年間にわたり交わされた医師と詩人の心ふるえる往復書簡、魂の記録。
朝の申し送り
夜の場所
ラウンジ語り
ラウンジの次元
意味ないじゃーん
感度良好です
なかなおり、至難
困ります
3号室の生徒たち
消えようとするとき〔ほか〕
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP