テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
がんで男は女の2倍死ぬ : 性差医学への招待
田中‐貴邑富久子著
-- 朝日新聞出版, 2008.10, 262p. -- (朝日新書 ; 141)
ISBN : 新<9784022732415> , 旧<4022732415>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
日本人の三大死因、がん、心臓病、脳卒中。
これらの病気の死亡率はいずれも、男性が女性の2倍だと知っていますか?
「男らしい」生活習慣が男の寿命を縮めています。
女の健康は、閉経までは女性ホルモンが守ってくれます。
なぜ日本の男女の寿命はこんなにも差がついたのか?
男女そろって健康で長生きするにはどうすればいいか?
答えは、本書の中に。
あなたを性差医学の世界にご案内します。
第1章 がん、心臓病、脳卒中—男性のほうがかかりやすく、死亡率も高い
第2章 性差医学・性差医療とはなにか
第3章 生物学的性=セックスとは何か
第4章 現代人はどのようにして社会的・文化的性=ジェンダーをもつようになったか
第5章 現代人はどのように社会的・文化的性を維持してきたのか
第6章 「男らしさ」は短命のもと?
第7章 長生きした女性を待ち受けるもの
第8章 日本人の寿命の性差は先進国のなかで最大
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP