テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
福島原発、裁かれないでいいのか
古川元晴; 船山泰範著
-- 朝日新聞出版, 2015.2, 195p. -- (朝日新書 ; 500)
ISBN : 新<9784022736000> , 旧<4022736003>
 
関連書籍を探す
福島原発告訴団は、国と東京電力を、業務上過失致死傷罪などで告訴した。しかし東京地検は二度にわたり「想定外なので責任はない」として不起訴処分にした。「人災」が「無罪」で、終わっていいはずがない。原発事故の刑事責任は確実に問うことができることを、福知山線脱線事故や森永ドライミルク中毒事件など、過去に起きた6つの大事故を例にして考える。
第1章 日本で裁かれた大事故、裁かれなかった大事故
第2章 大事故は、どのような視点で裁かれるべきか
第3章 事故を裁く「法」はなにか
第4章 福島原発事故はなぜ起きたか
第5章 福島原発事故は「人災」である
第6章 福島原発事故を「裁けない」とするワケはなにか
第7章 検察審査会は原発事故を「裁ける」とした
第8章 生きていた民事裁判
第9章 法を国民の手に
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP