テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
エロスと「わいせつ」のあいだ : 表現と規制の戦後攻防史
園田 寿; 臺 宏士著
-- 朝日新聞出版, 2016.02, 286p. -- (朝日新書 ; 551)
ISBN : 新<9784022736512> , 旧<4022736518>
 
関連書籍を探す

「文化」か「犯罪」か?性表現をめぐる問題点を具体例を挙げて明らかにする!日本初の本格的「春画展」が大成功。一方、春画掲載の週刊誌は警察から「指導」を受け、女性器をテーマにした作品で作者が逮捕・起訴された。「境界線」はどこにあるのか?かつては、どうだったのか?斯界の第一人者である法学者と、ジャーナリストが解明する。法で裁かれた文学作品の原文も掲載。
第1章 性表現で、いま何が起きているのか(「春画」掲載で警視庁が週刊誌を「指導」
問われた性表現
アダルトビデオの問題―ビデ倫の有罪が確定
漫画表現も摘発対象に―松文館事件
祭事と猥雑性―「かなまら祭」・金山神社)
第2章 文書もかつては「猥褻」だった(刑法175条はどのように生まれてきたのか
文芸作品と猥褻罪
チャタレイ裁判とは何だったのか
悪徳の栄え裁判とは?
四畳半襖の下張裁判の波紋)
第3章 新しい時代の「猥褻」(児童ポルノと猥褻
サイバーポルノと刑法175条の改正
これからの「猥褻」)
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP