テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
知の進化論 : 百科全書・グーグル・人工知能
野口悠紀雄著
-- 朝日新聞出版, 2016.11, 252p. -- (朝日新書 ; 590)
ISBN : 新<9784022736901> , 旧<4022736909>
 
関連書籍を探す
グーテンベルク・インターネット・人工知能。情報技術の革新は、世界に何をもたらしたか?中世以前、知識とは、特権階級の独占的所有物だった。活版印刷の登場によって万人に開放され始めたそれは、インターネットの誕生で誰にでもタダで手に入るものとなった。そして人工知能の進化が、本質的な変革の時代の到来を告げる…。秘匿から公開へ、有料から無料へ、そして人間からAIへ。「知識の拡散」の果てに、ユートピアは現れるのか?大変化の時代を生き抜く指針を示す、知識と情報の進化論。
第1章 かつて知識は秘密にされていた
第2章 百科事典は知識を万人に開放した
第3章 インターネットで情報発信者が激増した
第4章 検索という方法論
第5章 SNSやキュレイションで情報拡散スタイルが変化
第6章 知識は秘匿すべきか、公開すべきか?
第7章 人工知能の進歩で知識への需要はどう変わるか?
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP