テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
コレクションと資本主義 : 「美術と蒐集」を知れば経済の核心がわかる
水野和夫; 山本豊津著
-- KADOKAWA,2017.9, 260p. -- (角川新書 ; K-163)
ISBN : 新<9784040821849> , 旧<404082184X>
 
関連書籍を探す
出版元へリンクする
水野史観の中心概念である「コレクション」。資本主義の誕生と終焉を知るためには、コレクションの本質を理解する必要がある。美術とコレクションの歴史を知悉した画商、山本氏が水野氏の思考を刺激しながら展開される、日本と世界のこれから。
第1章 なぜ資本の本質が芸術に現れるのか
第2章 「コレクション」の本質を歴史から考える
第3章 利子、自我、そして絵画の「作者」の誕生
第4章 「長い十六世紀」とパトロン=コレクターたち
第5章 近代資本主義を「蒐集」から読み解く
第6章 そして戦後、「長い二十一世紀」が始まった
第7章 最先端の芸術が予言する「新中世時代」
第8章 芸術、蒐集、資本主義のしたたかさ
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP