テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
横田空域 : 日米合同委員会でつくられた空の壁
吉田敏浩著
-- KADOKAWA,2019.02, 285p. -- (角川新書; K-247)
ISBN : 新<9784040822327> , 旧<4040822323>
 
関連書籍を探す
出版元へリンクする
羽田空港を使用する民間機は、常に急上昇や迂回を強いられている。米軍のための巨大な空域を避けるためだ。主権国家の空を外国に制限されるのはなぜなのか。密室の合意が憲法体系を侵食し、法律を超越している実態を明らかにする。
第1章 首都圏の空を覆う「横田空域」(東京の真ん中にある米軍ヘリ基地
ヘリの騒音や墜落の不安 ほか)
第2章 「横田空域」を米軍が手放さない理由(横田は軍事空輸のハブ基地
オスプレイが首都圏の空を飛び回る ほか)
第3章 エスカレートする低空飛行訓練(首都圏の上空でもひんぱんに訓練が
全国を縦横断する低空飛行の訓練ルート ほか)
第4章 米軍を規制できるドイツ・イタリアとできない日本(世界的にみても異例な「横田空域」
米軍の活動を規制できるドイツとイタリア ほか)
第5章 米軍に対していかに規制をかけるか(生命と人権を守るために米軍を規制
航空法特例法の改定・廃止を求めて ほか)
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP