テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
「砂漠の狐」ロンメル : ヒトラーの将軍の栄光と悲惨
大木 毅著
-- KADOKAWA,2019.03, 312p. -- (角川新書 ; K-254)
ISBN : 新<9784040822556> , 旧<4040822552>
 
関連書籍を探す
出版元へリンクする
ドイツ国防軍で最も有名な将軍で、連合国からナポレオン以来の名将とまで言われた男、ロンメル。最後はヒトラー暗殺の陰謀に加担したとされ、非業の死を遂げるが、北アフリカ戦線の活躍から生まれた「砂漠の狐」の名称は広く知られている。ところが、日本では40年近く前の説が生きている程、ロンメル研究は遅れていた。総統の忠実なる軍人か、誠実なる反逆者か?最新学説を盛り込んだ一級の評伝!
死せる狐
ロンメル評価の変化
「アウトサイダー」ロンメル
第一次世界大戦のロンメル
ナチスの時代へ
幽霊師団
ドイツ・アフリカ軍団
熱砂の機動戦
エル・アラメインへ
アフリカの落日
イタリアの幕間劇
いちばん長い日
ロンメルとは誰だったのか
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP