テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
国家の闇 : 日本人と犯罪<蠢動する巨悪>
一橋文哉著
-- 角川書店, 角川グループパブリッシング, 2012.3, 320p. -- (角川oneテーマ21 ; C-154)
ISBN : 新<9784041102107> , 旧<4041102103>
 
関連書籍を探す
出版元へリンクする
オウム真理教事件、収賄汚職、大疑獄事件、ロッキード事件、グリコ・森永事件、赤報隊事件ほか日本人と犯罪、国家の闇と巨悪たち。政治家の黒い欲望の構図、闇に潜む頭脳集団。巨悪たちの犯罪の真相に一橋文哉が挑む。
序章 巨悪は永遠に眠らない-蠢動する「国家の闇」(疑獄はなぜ不発に終わるか-永田町の仁義なき戦い
黒いカネはどこに消えた?-ドン金丸「負の遺産」)
第1章 カルトに群がる亡者たち-教祖が沈黙で得た解説(長官狙撃犯が捕まらない理由-暗躍する国際武器商人
暗殺者が抉った真の病巣-闇社会地殻変動の兆し)
第2章 国際謀略組織の犯罪-「戦争の遺産」が蘇る(危機を救った「影の軍団」-金大中事件極秘報告
GHQは知っていた?-下山事件に利権の影
戦争を引きずる完全犯罪-帝銀・3億円の厚い壁)
第3章 ジジババ喰いのマニュアル-少子高齢化時代の悪党像(奪われた『秘伝書』の行方-残党は背後で蠢く
生き続ける詐欺師の掟-井の頭からライブドアへ)
第4章 劇場型企業テロの源流-グリコと赤報隊・悪の連鎖(21面相は「戦争の亡霊」か-グリコ原点説を問う
B作戦はなぜ失敗したのか-警察も手が出せぬ勢力
言論・金融を粉砕する銃弾-闇社会のヒットマン)
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP