テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
JR崩壊 : なぜ連続事故は起こったのか?
梅原淳著
-- 角川書店, 角川グループパブリッシング, 2013.12, 197p. -- (角川oneテーマ21 ; D-3)
ISBN : 新<9784041106747> , 旧<4041106745>
 
関連書籍を探す
出版元へリンクする
この事態は国鉄民営化の時に予知されていた!!連続事故・不祥事が起きた構造的理由を気鋭の鉄道ジャーナリストが詳解!
第1章 明るみに出たJR北海道の不祥事(問題の発端―石勝線で発生した列車脱線・火災事故;続発する特急形ディーゼルカーの不具合;函館線での貨物列車の脱線事故とずさんな軌道整備作業);
第2章 JR北海道をめぐる問題点(千歳線以外はすべて赤字路線;国鉄時代に廃止が決まっていた路線を除けば、整理できたのは深名線だけ;運賃・料金は安すぎる;運賃・料金値上げの壁;JR北海道黒字化のからくり;減免される固定資産税、都市計画税、軽油引取税;押し付けられた北海道新幹線);
第3章 JR北海道が生き残るために(金があればすべて解決するのか;JR北海道の問題、労働組合はこう考える;具体的な生き残り策);
第4章 識者の意見(堀内重人氏の意見;石井幸孝氏へのインタビュー)
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP