テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
脱原発を決めたドイツの挑戦 : 再生可能エネルギー大国への道
熊谷徹著
-- 角川SSコミュニケーションズ, 2012.7, 238p. -- (角川SSC新書 ; 158)
ISBN : 新<9784047315815> , 旧<4047315818>
 
関連書籍を探す
福島第一原発事故から4カ月足らずの2011年6月30日、ドイツは原子力発電所の完全廃炉を決めた。同国は、2050年までに再生可能エネルギーの発電比率を80%にするため、国を挙げて動き出した。脱原発だけでなく、脱化石燃料への挑戦である。なぜドイツはそれが可能なのか。日本の電力事情と比較しながら、脱原発に至る40年の歴史、電力完全自由化までの障壁、産業界の反応、国民の覚悟など、再生可能エネルギー大国へ突き進むドイツ・エネルギー政策の現状をレポートする。
第1章 なぜドイツは原発を捨てたのか(イザー一号機停止!
福島事故の衝撃波 ほか)
第2章 日本と大きく異なるドイツの電力市場(誰でも電力会社を変更できる
精算書に見るドイツの情報開示 ほか)
第3章 エネルギー革命の全貌(脱原子力は氷山の一角
ドイツでも気候変動の兆候 ほか)
第4章 ヨーロッパ電力市場の行方(福島事故後も純輸出国だったドイツ
単一化を加速するEU電力市場 ほか)
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP