テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
安倍晋三と岸信介
大下英治著
-- 角川SSコミュニケーションズ, 2013.5, 415p. -- (角川SSC新書 ; 182)
ISBN : 新<9784047316058> , 旧<4047316059>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
政権復帰を果たし、首相の座に返り咲いた安倍晋三。アベノミクスと称する経済効果もあり、高い支持率を得ている。総理目前で病に倒れた父・晋太郎よりも、「昭和の妖怪」と言われた祖父で、日米安保条約改定にこぎつけた新米保守のリーダー・岸信介の影響が強い。祖父と同じく、「日米同盟強化」「憲法改正」を唱える安倍首相は、中国をはじめ隣国と抱えた領土問題、参加を表明したTPPなど、難問山積の日本をどう舵取りしようとしているのか。本人はもとより、安倍家三代をよく知る国会議員らのインタビューをもとに、安倍晋三が描く日本の将来、真の保守について綴っていく。
スペシャルインタビュー 安倍晋三が語る日本の課題と将来、真の保守とは?;
第1章 祖父から受け継いだ政策理念とブレない信条;
第2章 第一次安倍内閣を放り出した真相と再起への決意;
第3章 なぜ自民党初の返り咲き、二度目の総理になれたのか;
第4章 総理経験者だからできる開き直りが、日本を強くする;
第5章 戦後レジームからの脱却と憲法改正への道のり
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP