テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
PM2.5「越境汚染」 : 中国の汚染物質が日本を襲う
沈才彬著
-- 角川SSコミュニケーションズ, 2014.03, 175p. -- (角川SSC新書 ; 213)
ISBN : 新<9784047316355> , 旧<4047316350>
 
関連書籍を探す
中国の大気汚染、なかでも微小粒子状物質「PM2.5」が日本に大きな影響を及ぼしている。偏西風で流されてきたこれまでの黄砂やばい煙、粉塵以上に健康への注意を要する物質の襲来である。急速な経済成長を遂げた中国だが、そのツケは大気汚染だけでなく、深刻な水質汚染、土壌汚染を引き起こし、輸入食料に関しても日本人の健康を脅かしている。特に、首都の北京の大気汚染はひどく、地方への遷都まで噂されているほどだ。日本人の知らない中国環境汚染の実情を現地取材し、恐るべき実態を明らかにしていく。
序章 国興りて、山河破れる
第1章 PM2.5をめぐって繰り広げられた“米中戦争”
第2章 異常な高濃度を記録する中国のPM2.5
第3章 PM2.5飛来―どうする、日本
第4章 水質汚染の恐ろしい実態
第5章 深刻さを増す土壌汚染
第6章 2016年、北京廃都!?
第7章 本気で立ち上がり始めた中国民衆
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP