テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
謎解き 関ヶ原合戦 : 戦国最大の戦い、20の謎
桐野作人著
-- アスキー, 2012.2, 255p. -- (アスキー新書 ; 208)
ISBN : 新<9784048860741> , 旧<4048860747>
 
関連書籍を探す
慶長5年(1600)9月15日、徳川家康と石田三成が覇権をかけて戦った関ヶ原の戦い。豊富な史料や研究書などを読み解いていくと、家康の会津征伐、義に殉じた大谷吉継の西軍加担、島津義弘の戦闘不参加、小早川秀秋の日和見などの通説が覆される。はたして諸将の思惑や作戦とは-天下分け目の関ヶ原合戦の全容がいま明らかに。
第1部 太閤秀吉の死と豊臣政権の分裂-「公儀」をめぐる家康と三成の対抗(関ヶ原合戦の原因は何か
「五大老・五奉行」制はあったのか
前田利家・利長父子は家康と対決するつもりだったのか ほか)
第2部 関ヶ原前哨戦-小山評定から家康赤坂着陣(家康はなぜ小山・江戸に長く留まったのか
徳川秀忠の中山道進軍の目的は何か
徳川軍の主力は家康勢か秀忠勢か ほか)
第3部 決戦関ヶ原-西軍の関ヶ原転進から決戦まで(家康は大垣の西軍とどう戦うつもりだったのか
西軍の関ヶ原転進には三成の秘策があったのか
小早川秀秋はなぜ松尾山に陣取ったのか ほか)
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP