テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
AT&TとIBM
那野比古著
-- 講談社 , 1989 , 222p. -- (講談社現代新書 ; 952)
ISBN : 新<9784061489523> , 旧<4061489526>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
規制を解かれた両巨人、通信のAT&TとコンピュータのIBMは、高度情報化社会に照準を合わせ、互いの領域に進出を開始する。
企業ネットワーク・サービス市場やOS「ユニックス」をめぐるビッグ・ビジネスの世界戦略を描く。
巨人激突の構図(「OSF」対「UNII」;両陣営の勢力地図;「ユニックス」とは何だろう;「ユニックス」世界の盟主をめざすAT&T;方言の統合へ;「OSF」結成 ほか)
足かせを解かれたAT&T(始祖グラハム・ベル;電話機特許をめぐる争い;モールスとWU社;ベル電話会社の設立;エンジンの炭素型送話器;メンロパークの魔術師;ウエスタン・エレクトリック社の誕生 ほか)
IBMとはどんな企業か(創立者トーマス・ワトソン;金銭登録機との出会い;タービュレイティング・マシン;IBM誕生;遅れたコンピュータへの対応 ほか)
ハード、OS両面制覇の野望(「スパーク」チップの登場;コンピュータの原点への回帰;より高度な「スパーク」の開発へ;究極はワン・マシン・サイクルでの命令実行;戦略としての「スパーク」チップ ほか)
通信市場での熾裂な闘い(一枚のダイレクト・メールがみせる価格競争;独立系通信業者の挑戦;IBM参入;MCI、IBM提携の理由;通信事業の三つの柱 ほか)
熱おびる通信・コンピュータ二正面作戦(IBMと西独シーメンスの提携;光ファイバー通信網の構築;収入の主力は通信サービス;料金の競争;離合集散するコンピュータ業界;「DECウィンドウズ」の革命性 ほか)
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP