テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
三くだり半と縁切寺 : 江戸の離婚を読みなおす
高木侃著
-- 講談社 , 1992 , 253p. -- (講談社現代新書 ; 1092)
ISBN : 新<9784061490925> , 旧<4061490923>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
夫による一方的な「追い出し離婚」と、不法に耐えかねて駆け込む哀れな妻。
江戸は女性にとって暗黒時代だったのだろうか。
タテマエとホンネを使いわけた離婚の実態を解き明かしつつ、江戸女性の地位の読みかえを迫る。
第1章 江戸時代は女性にとって暗黒時代か
第2章 三くだり半とはどのようなものか
第3章 三くだり半を読みなおす
第4章 縁切寺へ駆け込む女たち
第5章 縁切り駆け込みのいろいろ
第6章 したたかに生きた江戸の女性たち
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP