テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
天皇論を読む
近代日本思想研究会著
-- 講談社 , 2003 , 225p. -- (講談社現代新書 ; 1688)
ISBN : 新<9784061496880> , 旧<4061496883>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
明治以降、日本人は天皇をどのようにとらえてきたのだろうか。
福沢諭吉の『帝室論』からビックス『昭和天皇』まで、代表的な著作を読み解く試み。
1 戦前編(『帝室論』福沢諭吉;『大嘗祭の本義』折口信夫 ほか)
2 戦後編(1)一九八〇年代まで(『現代政治の思想と行動』丸山真男;『天皇制国家の支配原理』藤田省三 ほか)
3 戦後編(2)一九九〇年以後(『象徴天皇という物語』赤坂憲雄;『近代天皇像の形成』安丸良夫 ほか)
4 天皇論の系譜(「国体」の登場;久米邦武の筆禍事件、喜田貞吉の南北朝正閏問題 ほか)
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP