テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
女帝の古代史
成清弘和著
-- 講談社, 2005.7 , 247p. -- (講談社現代新書 ; 1794)
ISBN : 新<9784061497948> , 旧<4061497944>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
古代日本における女性統治者の歴史的変遷をふまえて、女帝(王)の本質を考えねばならない。
すると、通説のように女帝(王)を単なる中継ぎとしてはとらえ切れないことが了解できるだろう。
なかでも、記紀に最初の女王として明記された推古は、むしろ彼女自身の資質が評価されて大王に推戴されたわけである。
また、皇極の場合もその子の中大兄王子が次に即位するとは、必ずしも約束されていたわけではなかった。
単なる中継ぎとしての女帝は、持統天皇が律令天皇制下の皇位継承ルールとして嫡系継承を実現して以降の、元明・元正の二女帝のみに限定されるのではないだろうか。
画期的論考!
「女性天皇」はなぜ必要だったか。
第1章 女性統治者と祭祀—三世紀前後
第2章 男王・女王の共同統治—四、五世紀
第3章 日本古代の女王たち—六、七世紀
第4章 律令制下の女帝たち—八世紀
第5章 古代日本ではなぜ女帝(王)が輩出したのか
終章 女帝の本質
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP